私がマッチングサービスの利用で気を付けていること

インターネットの世界でもモテないアラサー男子でした

恋活を真剣に始めるようになって、早1年が経ちます。
私はもうすぐ30歳になる男性ですが、これまで出会いがないことを言い訳にして女性との交際から逃げていました。
しかし最近になり周囲がどんどんと結婚をするようになり、羨ましく感じ始めた矢先に目に入ったのがマッチングサービスだったのです。
しかし現実世界でも暫くちゃんとした交際をしていなかった私は、インターネットの世界でもモテないアラサー男子でした。
メッセージを送っても会話が続かなかったり、1人でいつの間にか勝手に盛り上がって相手を冷めさせてしまったり、寧ろインターネットの世界の方が想像力やエスコート力を求められ、恋愛に発展させるのは難しいとさえ感じていたのです。
そうやって四苦八苦している間に、沢山の恥をかき沢山の学習をしました。
ただその経験もあってか、今ではマッチングサービスで異性と良い関係を築くためのポイントをいくつも押さえられるようになりました。
まず私が思う大切なポイントは、とにかくプロフィールを丁寧にしっかりと書くということです。
マッチングサービスは、何を隠そう異性を検索できる強みがあります。
住まいや年齢などの属性別でもそうですが、趣味や価値観などの共通項をキーワードにして検索することもできるのです。
これは現実世界ではなかなか実現しないことで、だからこそ1人でも多くの異性に自分のプロフィールを見つけてもらう必要があります。
大手のサービスでは登録者も数え切れないほどいますから、淡白な検索に掛かりにくい本文ではあっという間に埋もれてしまうわけです。
私もこのコツを意識するようになってから、女性から連絡が沢山来るようになりました。

Q.オールウェイズの新しい企画は次の内どれ?

1. オンライン合コンマッチングサービス「オル婚」(男性のみ有料)

2. 「アフターコロナを生き抜く 〜ALLWAYS幹部が紐解く社会変化の本質〜」

3. 「ALLWAYS対談」

インスタで答え合わせ!
→allways__baebaehttps://t.co/BZWbWHS0mV pic.twitter.com/a2Iy7wl5QU

— オリジナルソング研究会ALLWAYS(オールウェイズ) (@ALLWAYS_W) June 18, 2020

インターネットの世界でもモテないアラサー男子でした : モテ期に入ったような疑似体験ができたのも印象深い : 複数を掛け持ちすればその分で異性と出会える数も増える

マッチング : 出会いはペイターズ